メニュー

自分や家族に施術をして、身体を楽にできたら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家族の指

今まで整体のことを全く知らなかった素人でも、施術をして自分や家族の身体を楽にすることができたら?

一見難しいようにも思いますが、実は難しくはありません。

学んで実践することで、自分や家族に施術をできるようになります。

 

9月から自分や家族に整体ができるようになる「家庭の施術講座」を開催しています。

なぜ、開催しようと思ったかについては、「なぜ、今の仕事をしているのか?(再び考えました)」を読んでみてくださいね。

 

中盤をむかえた頃ですが、参加者の方からは、いろんな声が上がっています。

一部、紹介します!

「自分の身体が楽になるのが分かります」

だんだん施術のポイントが分かってきました

「生活が規則正しくなりました!」

「走ったあとでも、筋肉の張りがなくなりました」 

 

講座は、自分の頭で考えたり、普段の生活で役立つような内容も盛りだくさんでお送りしています。

 

家庭の施術講座1

ワークの最中です

 

家庭の施術講座2

姿勢が良くなるワーク

 

ずっと元気で健康で過ごせるように

講座では、施術以外にも、健康になるために必要なことは、すべて共有、実践しています。

 

インターネットや本に書いてあるような健康の知識ではなくて、私が実践して良かったと感じるものだけを講座では扱っています。

膨大な情報があふれる中で、「実践したこと」があるということは大事ですよね。

実践して、お互いに感覚や感想を共有することで、楽しみながら参加者の方はどんどん成長していっています。

 

実践していることは、感覚や体感が大事なのでここでは紹介できませんが、講座の理論編で扱っていることを紹介しますね。

参考にしてみてください!

 

・健康の判断基準を持つ

健康情報は本当に多く出回っています。

良いもの、良くないものいろいろですよね。

たくさんの本

整体をしていると、「○○はどうですか?」といった質問を何度も受けます。

正直、健康情報が多すぎて、私も知らないことがあります。

 

そもそも、世の中に出回っている健康情報は、発信している人の意図が必ず含まれています。

良心的な意図もあれば、単に利益をあげるだけの意図もあります。

 

(ちなみに、私がこうやって発信しているのも意図があります。良心的な意図だと思ってますのでご安心ください 笑。詳しくは「なぜ、今の仕事をしているのか?(再び考えました)」に書いてあります)

 

話を戻して、莫大な情報や他人の意図にいちいち振り回されていると、何がいいのかさっぱりわからなくなります。

むしろ、振り回されることでストレスがたまって健康に悪かったりもします・・・。

 

だから、講座では自分で健康について判断できるようになることを、ひとつの目標にしています。

どうやって、情報や意図を見極めればいいのか?

その方の経験に合わせて、話をしながら理解を深めています。

 

判断できるために大切なことは「自分の感覚、感性を育てること」です。

 

誰ひとりとして、すべての健康情報を知っているわけではありません。

仮に情報を知っていたとしても、すべて実践するのは不可能ですよね。

 

また、意図の問題もありましたよね。

漢方をしている方でしたら、漢方を紹介したくなります。

運動療法をしている方でしたら、運動療法を紹介したくなります。

整体をしている方でしたら、整体を紹介したくなります(←私のことですね 笑)。

 

それは、なにも良くないことではありません。

漢方も運動療法も整体も、それぞれ受けた人が良くなるために提供している方が大半なのですから。

(悲しいことに、自己利益や、単に好きだからという理由だけでやっている方もいるようですが・・・)

 

ましてや、人は一人ひとり環境、体つき、健康状況がバラバラです。

相性のようなこともあるでしょう。

だから、自分の感性や感覚を育てて、自分で判断できるようになる必要があります。

 

そのために、とにかくいろんな経験をすることがいちばん良いです。

テレビで紹介されていた情報を鵜呑みにせずに、自分の感覚ではどうだったか、と検証をしてみてください。

何度も検証しているうちに、だんだん健康に対しての感性や感覚が育ってきます。

 

そうは言っても、一人だとこれでいいのかな、と分からなくなることもあります。

だから、講座では、感性や感覚を育てていくための手助けをしています。

 

ぜひ、あなたも、自分の感性や感覚で、健康情報を判断できるようになってくださいね!

まずは、「自分はどう感じたか?」を意識して生活してみてください。

だんだん、感覚や感性が育っていくはずです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

 

コメントを残す

*