メニュー

部屋をキレイに片付けするコツ!片付けられないデメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
床の掃除

先日、整体に来た方と、片付けについて話をしました。

私「最近、片付けや掃除をしていますか?」

ある方「いいえ、全然です・・・」

私「どれくらい掃除していないんですか?」

ある方「1週間か、2週間くらい、だと思います」

私「なるほどー。ちなみに、モノを捨てたりはしてますか?」

ある方「うーん、1年に1回くらい捨てます」

部屋を片付けられなかった

たくさんの本

部屋をキレイに片付けするのが苦手という方は多いようです。

という私も、昔は片付けられずにいました。

 

本、雑誌、着ない服、家電の説明書、レシート、空のペットボトル、段ボール、紙袋・・・。

部屋の中にどんどんモノがたまっていきます。

 

起き場所を変えたり、収納スペースを探しても、なかなか片付きません。

当たり前ですよね、部屋の広さは変わらないのに、モノは増えていくのですから。

 

片付けられない部屋で過ごす毎日は、正直言っていいものではありません。

外出して帰ってくると、散らかった部屋。

ホッと一息を付くどころか、あちこちに散乱したモノを見ていると気持ちが下がってきます・・・。

 

部屋を片付けられない人の特徴

ふたつの道

片付けられない人には、特徴があります。

・捨てられない

 

そして、こんな風に考えています。

・いつか使うかも

・もったいない

・片付ける時間がない

 

たとえば、買ってから一度も読んでいない本。

またいつか読むかもしれないと頭をよぎると、捨てられなくなります。

 

オシャレなお店で買い物をした時にもらった紙袋。

きれいな紙袋だから、捨てるはもったいないと感じてしまいます。

 

片付けをした方がいいのは分かるけれど、他にやることもあるし、なんて考えています。

 

片付いていない部屋に住むデメリット

実は、片付いていない部屋のままでいることは、デメリットばかりです。

身体の健康、仕事、人間関係まで、片付けられないことの悪影響があります。

 

健康に悪い

頭を抱える女性

私は整体の施術をしていますが、部屋の掃除をすることをアドバイスしています。

健康のためには、普段の環境も大事だからです。

 

ホコリまみれの部屋では、体調が悪くなるのも想像できますよね。

具体的にいうと、ホコリには「カビ」「ダニ」「ダニの糞」が含まれています。

どう考えても身体には良くありませんね。

 

また、不要なモノを見たときに、「ああ、片付けをしなきゃ」と一瞬、考えてしまいます。

一瞬のことだから関係ないわけじゃありません。

毎日、「ああ、片付けをしなきゃ」を一瞬でも考え続けていると、脳に負担になります。

 

こういう小さなストレスが蓄積すると、身体の不調にもつながりかねません。

人間の身体は、大きなケガや、大きなストレスには意外と強くできています。

小さいストレスの蓄積のほうが、身体への影響は大きいのです。

 

仕事がうまくいかない

子猫が困る

会社員、個人事業主を経験して、さまざまな人と出会ってきました。

その中で、デスクがぐちゃぐちゃ、バックの中がごちゃごちゃしている方で、仕事がうまくいっている人を見たことがありません。

 

なにより、私も片付けられないときは、仕事がうまくいきませんでした・・・。

これって少し考えると、当たり前のことなんですよね。

 

逆の言い方をすれば、デスクやバックの中がどうなっているかを見れば、その方の仕事振りもだいたいわかります。

一緒に仕事をするときは、こっそりチェックしてみてください。

 

・モノを探す時間がかかる

仕事をするうえで、時間をいかに使うかは誰しも重要だと分かっています。

その大事な時間を、モノを探すために使ったらどうでしょうか。

仕事をする時間が少なくなってしまいますよね。

 

たまに、「自分はどこに何があるか分かっているからいい」なんてことを言う方もいますね。

ひとりで完結する仕事はないので、他の人のことを考えられてない証拠です。

その方がいないとき、他の人はモノを探すために膨大な時間を使うことになります。

 

・頭の中が整理整頓されていない

デスクや部屋が整理整頓されていないということは、頭の中も整理整頓されていません。

だから、考えることがぐちゃぐちゃで一貫性がありません。

優先順位をつけるのが苦手だったり、大事なことを後回しにしたり・・・。

 

整理されていない頭で仕事をすると、無駄なことが多くなりますよね。

モノと頭の中は関係がないようですが、かなり密接に関係しています。

 

良くない人間関係に振り回される

困った女性

あなたにとって、良い人間関係と、良くない人間関係がありませんか。

 

良くない人間関係を具体的にいうと、「とにかく悲観的、ネガティブ」「グチが多い」「感情の起伏が激しい」「会うと疲れる」など。

 

良い人間関係は、「お互い成長しあえる」「協力し合える」「楽しい気持ちになる」「穏やかに過ごせる」など。

 

モノを片付けできずにいる方は、人間関係もごちゃごちゃしています。

自分にとって良くない人間関係だと分かっているのに、ずっと一緒にいたりします。

 

人間関係を選ぶことは、冷たいことではありません。

いい人間関係を築くために相手を選ぶことは、すごく大事です。

 

とにかく捨てよう!

ごみを捨てる

では、どうすれば片づけられるかというと、「とにかく捨てること!」です。

捨てることでスペースができて、片付けがカンタンになります。

 

モノを捨てずに片付けはできません。

何も捨てなければ、モノが部屋の中で移動するだけです。

部屋のスペースは決まっているので、捨てるしかありません。

 

いつか使うかもしれないモノは、ずっと使いません。

1年以上使わなかったモノは捨てても困りません。

困ったら、また買えばいいのです。

 

捨てるのはもったいないと思っているかもしれませんが、モノが置いてあるスペースの無駄遣いがもったいないです。

そもそも、片付けないデメリットのある人生は、本当にもったいないですね。

 

部屋を片付けてキレイにすることは、とても重要なことです。

時間を作って、定期的に片づけをしましょう。

 

とにかく捨ててみてください!

片付けをするなら、捨てるしかありません!

 

モノを捨てたら、情報も捨てよう

パソコンと手帳

不必要なモノを捨て終わったら、次は、不要な情報も捨てましょう。

スマホの電話帳やアプリ、パソコンの中に入っているデータですね。

不要だと思ったらちゅうちょなく捨てましょう。

 

たとえば、電話帳。

その方の名前を見たときに、また会いたいかどうかで判断してください。

義理だけで電話帳に残しておくのは止めましょうね。

 

情報もサクサク捨てていくと、思いのほかスッキリしますよ。

 

モノを捨てた経験と起こったこと

私のモノと情報を捨てた経験を紹介します。

今年(2017年)の1月ごろから徹底的にモノを捨てていきました。

 

ずっと読んでいない本。

なぜか取っておいた雑誌。

1年以上着ていない服、靴。

さまざまな小物。

 

情報も捨てていきました。

電話帳を見て会うことはないと思った方は、電話帳から消しました。

不要なアプリやデータもどんどんゴミ箱行きです。

 

ここまでモノと情報を捨てて、何か困ったことはあるのか?

全然困ったことはありません。

むしろ気持ちは爽快で、体まで軽くなったように感じました。

 

モノや情報を捨てたことで、人生が好転していきました。

緑の道

部屋の中がスッキリしているので、モノを探すのがカンタンです。

家にいてもリラックスして過ごせます。

新しい人間関係、新しい情報が入ってきました。

ひとつの出会いから、また新しい出会いにつながっていきました。

 

人生が流れ出した実感がありました。

モノを捨てることの恩恵は、本当に素晴らしかったです。

だから、今でも、定期的に不要なモノや情報を捨てるようにしています。

そのたびに、新しいことが、入ってきています。

 

自分のところだけに留めたり、占有するのは良くないと思います。

不必要なモノをドンドン外に出して、必要なものを取り入れる。

 

自然界では、「出たり」「入ったり」をくり返しています。

呼吸も同じですね。

空気を取り入れて、息として外に排出しています。

 

モノや情報を留めてもいいことは何もありません。

身体に例えるなら、便秘の状態です。

ひたすら食べて、外に排出しないのは身体にとって良くありませんよね。

 

本当に大切にしたい事が見えてくる

モノや情報を捨てていくと、「何が必要なのか?」「何が不必要なのか?」といった哲学的な問いに行きつく方もいます。

もっというならば、「何を大切にして生きるのか?」ということです。

 

モノを捨てていくと、絶対に捨てられないモノがあることに気がつきます。

それは人によってさまざまですね。

 

私の場合、大切にしている服、好きな作家の本、仕事で使うパソコンやスマホなどは取っておきたいと思いました。

情報については、親しい方の連絡先、また会いたい方の連絡先は残しておきたいと思いました。

 

残したいモノや情報はビックリするほど少ない事にも気がつきました。

ほとんどのモノや情報はあってもなくてもどちらでもいいんですね。

 

モノや情報以外で大切にしたい事はたくさんありました。

 

命、時間、大切な人。

元気な身体や心。

落ち着ける環境。

熱心に取り組める仕事。

 

モノや情報を捨てることで、大切にしたい事が浮かび上がってきました。

実は、モノや情報ってそんなに価値がないのに、価値があるように思いこんでいたりします。

 

あなたの場合はどうでしょうか?

実際に、不要なモノや情報を捨ててみるといいですね!

きっと、たくさんの恩恵があると思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

 

コメントを残す

*